医療法人 古川会
古川病院〜徳島駅前で内科・小児科・消化器科は当院へどうぞ〜
内科
小児科

風邪から腹痛、高血圧症、糖尿病などの内科全般の病気を診ています。外来通院出来ない場合には往診や訪問診療も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

診療案内

風邪から頭痛、腹痛、高血圧に糖尿病など、内科疾患全般の病気を診ています。病状によりCT検査やMRI検査などが必要であれば紹介しますし、専門医の検査や治療が必要な状態であれば内科、外科を問わずご紹介いたします。また外来へ通院できない状況の場合は往診や訪問診療も行っておりますので、お気軽にご相談下さい。

検査

@腹部超音波検査
肝臓、胆のう、膵臓、腎臓などに形態的な異常が無いかを調べる検査です。簡単な検査ですが、お腹の中のいろんなことがわかり、意外な病気がわかることもあります。
A胃内視鏡検査
胃カメラ検査はゲエゲエ言って苦しいと今でも思っている方もおられますが、鎮静剤等を少し使い反射を抑え異物感を少なくすれば、信じられないほど楽に検査ができます。
当院ではこのような方法で、できるだけ楽な検査ができるようにと考えています。
また、最近では経鼻内視鏡を希望する方が増えています。鼻からの挿入では舌根に触れずに挿入できますので、嘔吐反射が軽減され、検査中会話も可能で楽な検査ができるようになりました。
B大腸ファイバー検査
経口での胃内視鏡検査と同じように鎮静剤を使用して、できるだけ楽な検査ができるように心がけています。また大腸を膨らませるための送気に炭酸ガスを使用していますので、腸管から吸収されて呼気で出て行くため、検査後の膨満感が非常に少なくなりました。
C動脈硬化検査
ABI検査(足関節上腕血圧比)とPWV検査(脈波伝播速度)は、手と足の血圧の比較や脈波の伝わり方を調べることで、動脈硬化の程度を数値として表したものです。この検査を行うことにより、動脈硬化(血管の老化など)の程度や早期血管障害などを検出することができます。


自由診療

○EDの患者さんにバイアグラやシアリスなど

○AGAの患者さんにプロペシアやザガーロなど


医師
古川 浩

昭和58年3月福岡大学医学部卒業
昭和58年6月福岡大学第一内科入局
平成4年6月福岡大学救命救急センター助手
平成7年10月福岡大学救命救急センター併任講師
平成8年4月古川病院内科消化器科勤務
医学博士(平成5/11/12付、内視鏡的硬化療法後の食道静脈瘤出血に影響する因子)
日本内科学会認定内科医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
日本肝臓学会専門医
日本医師会認定産業医

 

医療法人古川会 古川医院 徳島市寺島本町西1丁目33 TEL:088-622-2125 FAX:088-622-6476
Copyright(C)2006 KOKAWA CLINIC. All Rihgts Reserved.